Debadhara
日本語 English
トップページ オディッシー ヨガ プロフィール お問い合わせ
 

無事終了★画像がとどきました。



東日本大震災へに供養会で踊らせて頂きます。

14時~16時   定例瞑想会 
17時~20時    音楽法要 インド舞踊 インド音楽 クリスタルボール
19時~      ベジタリアンカリー食事会
20時~21時   護摩供


日時:2012年3月11日(日)
場所:高野山真言宗 薬師院 
参加費:3,500円と募金
定員 :各 30名程度(事前にお申し込みください)
ご予約:yakushi@nike.eonet.ne.jp



瞑想&クリスタルボール インド舞踊&インド音楽出演者
●瞑想指導:護摩 
●クリスタルボール:小野剛賢
  高野山真言宗僧侶 
  フリースタイルな僧侶達 メンバー

●タブラ:藤沢バヤン  
 京都を中心に関西で活動するタブラ・打楽器奏者。インド音楽企画「ガナパティ」代表。
 ディネーシュ・チャンドラ氏、マタ・プラサード・ミシュラ氏(インド、ベナレス在住)にタブラを学ぶ。
 息もつかせぬようなインドのリズムと、日本的なスキマや空気感のある演奏で
 ジャズ、フュージョンから雅楽、声明、邦楽、西洋クラシックまで幅広い演奏家と共演している。
 伝統的なもの、古風でありながらもモダンなものをこよなく愛し、京町家や寺社仏閣でのコンサート
 を多数企画・演奏している。

●バンスリ:池田剛  
 長崎県佐世保市出身。
 96年にカルロス・グェラ氏にバーンスリーを習い始める。
 99年に岡本博文氏にジャズギターを習う。 03年より土谷インド音楽教室でタブラとの合奏法を学ぶ。
 09年に渡印、バーンスリーの第一人者ハリプラサード・チャウラシア氏のもとで研鑽を積む。
 現在は中川博志氏に師事しつつ、地道な活動を展開している。

●バイオリン:秦進一     
 最初クラシックを学ぶが、次第にポップスやジャズを演奏する様になる。 
 その後、アラブ音楽と出会い、中近東の音楽を演奏。オリエンタル・ダンサー達とも共演。
 アラブ音楽を追求すると同時にクラシック、ジャズ、ポップスなど、ジャンルにとらわれることなくより
 自由な表現を求めて、またヴァイオリンをもっと身近なものに感じてもらうべく日々演奏活動中。

●シタール:正野勝弘 
 ‘06年から田中峰彦氏に師事し、北インド古典音楽を学んでいる。
 古典音楽演奏の他、インド舞踊の伴奏、ベリーダンスの伴奏、エスニックサウンドユニット「きまま」のシタール担当など、
 関西を中心に多彩に活動中。コイズミ楽器店(京都市)では、藤澤バヤン氏と「インド古典音楽練習発表会」を毎年開催している。

●東インド古典舞踊:仲 香織&Debadhara Odissi
 生徒3名と一緒に踊ります。

2012年2月27日  9:05 AM |カテゴリー: 2012年, 3月, 公演【Odissi】 |コメントはまだありません

満席★チケット販売終了しました。
無事購入された方は、是非お楽しみに下さい。
今回行きたかったのに~という方は、次回にご期待下さいませませ。

***************************




(画像をクリックすると大きくなります)

田中誠司舞踏公演
「マザー、サン」


季節よめぐれ
再び出逢うためのサヨナラの儀式


母と子 生と死 あの世とこの世、光と闇、愛と悲しみ。
そしてその間にある生と死が溶け合うカオスの領域。
命の終わりと始まりが交わる場所。
沈黙の遥か遠くから、永久の未来まで、無限の生と死を貫く、数多の魂たちの、
「アリガトウとサヨナラ。」が聞こえて来ます。


■ 日時
2012年2月26日(日)13時半開場 14時開演

■ 会場
奈良市音声館 〒630-8335 奈良市鳴川町32-1
*駐車場あります。

■ 入場料・費用  
前売り 2000円 当日2500円
小学生 半額

■チケットご購入方法:
まず、①メールか②電話にて、御予約下さい。その際、お名前・電話番号・枚数をお知らせください。
空き状況確認後、 後1週間以内にチケット代金を指定銀行口座へお振込み願います。
チケットは、当日窓口にてお渡し致します。

①メール:devadhara@live.jp
②電話:080-5473-4690 090-5131-1322(1/16以降)

振込先
>郵便振替
口座名義:ナカカオリ 口座番号:14550-01859941

>銀行振込 
銀行名:三井住友銀行 支店名:平城支店 普通
口座名義:ナカカオリ 口座番号:564355



■About 田中誠司HPはこちらから

舞踏家
1977年奈良市生まれ。大野一雄舞踏研究所(横浜)にて、大野慶人に師事。以来、日本、ドイツの劇場、イベントなどで、ソロ、デュエットともに精力的に公演を続ける。2011年5月、日独交流150周年記念の一環として招待を受け、デュッセルドルフ舞踏フェスティバル「Ghost-Deep Soul. Death Bears Life」に出演し、好評を得る。芸術活動は多岐に渡り、舞踏にインスピレーションを得た映像フォトコラージュ作品が日本国内、ニューヨーク、サンパウロ、インドネシアにて上映されている。2011年2月、郷里の奈良に「田中誠司舞踏スタジオ」を開設。

<主な活動>
2007年 大野一雄と大野慶人の日常を綴る写真コラージュ「憧れ-sehnsucht-」を制作。
2008年 舞踏ソロ「シンダテンシ」ドイツ、シュトゥットガルト、ゾンマーライン教会にて。
2009年 舞踏デュオ「死の夢」(共演、久世龍五郎)東京、ワーサルシアターにて。
2010年 舞踏ソロ「Remember」東京芸術見本市参加公演。中野テルプシコールにて。
2011年 4月、舞踏ソロ「a boy」(奇妙な物質のささやきⅡ0)、中野テルプシコールにて。
5月、日独交流150周年記念、デュッセルドルフ舞踏フェスティバル「Ghost-Deep Soul. Death Bears Life」 出演。
6月、舞踏ソロ「沈黙 -silent silence-」(共演、ヴィオラ・ダ・ガンバ、伊藤美代子/中田健太郎) ドイツ、フェルバッハ。

2012年2月6日  11:07 PM |カテゴリー: 2012年, ★その他のイベント |コメントはまだありません
 
 
2012年2月
« 1月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
 
クラス
日記
ギャラリー
 
 
 
 
 

RSS

 
 

debadhara@live.jp
2-1-4, Suzaku, Nara,Japan ,6310806

 
 

COPYRIGHT2010, Debadhara Odissi & Yoga  All Rights Reserved.