Debadhara
日本語 English
トップページ オディッシー ヨガ プロフィール お問い合わせ
 

href="http://debadhara.com/wp/wp-content/uploads/2011/12/Invitation.jpg">Indian Classical Dance ODISSI

New Delhi, Delhi Kaori Naka Solo Programme

Date:27th Dec 2011
18:00 OPEN 18:30 START
Place:India International Centre

Everybody are welcome!






Dancer:Kaori Naka

Musicians:
Manjila :Guru Gajendra Panda
Ukuta: Guru Vinayak Panda
Vocal: Satyabrata Katha
Mardala: Prashanta Mangaraj
Violin: Balaram Chand
Sitar: Javed Alli
Flute: Binaya Kumar

Organized by India International Centre
Director and conducted by Guru Gajendra Kumar Panda
Supported by ICCR

Programme:
1) Mangalacharan Mahakali
The Mangalacharan is the traditional invocatory item of Odissi. This Mangalacharan is based on Kali
who is the Hindu goddess associated with cosmic power, shakti.
It begins with bhoomi pranam. This is followed by Isthadeva Vandana for an auspisious beginning.
It concludes with a shava pranam in which the dancer offers salutation to God, the Guru and to the audience.
Choreography: Guru Debaprasad das
Raga: Darabari
Tala: Ek tali & Jati tala

2) Sthai (Thum Thei)
Sthai is a pure dance woven around a garland of musical syllables which in themselves have no meaning. However,
the dance usually possesses a subtle thematic image related to sculptural poses
found in the Silpa Shastra (Treatise on temple architechure) and the typical rhythmic patterns of
Sabda Swara Pata (spoken verse) that is exclusive to the Debaprasad style.
Choreography: Guru Debaprasad das
Raga: Shankarabharan
Tala: Jati tala

3) Muhamuhi Kisoro (Oriya Abhinaya)
This is an expressional dance where a story conveyed to the audience through mudra or hand gestures
(the language of Indian classical dance), facial expression and body movement.
Taken from the work of the Orissan Medieval poet, Gopal Krishna, the adnce depicts Radha narrating
to her friends her unexpected encounter with Krishna on the banks of the Yamuna.
Choreography: Guru Debaprasad das
Raga: Bageshri
Tala: Ek tali

4) Sabhinaya Pallavi
Kalavati Pallavi
A pure dance item in which a raga is elaborated through eye movements, body postures & intricate footwork.
Pallavi literally means “blossoming”. This is applicable not only to the dance, but also to the music,
which accompanies it.
Pallavi starts with slow, graceful & lyrical movements of the eyes, neck, torso & feet
and slowly builds in a crescendo to climax in a fast tempo at the end.
Songinire Chahan
This Oriya Abhinaya means “Oh! my sakhi, look at Krishna”

Choreography: Guru Debaprasad das
Raga: Kalavati
Tala: Ek tali & Jati Tala

5) Sivastak
The Sivastak is the last composition of Guru Deba Prasad Das before his untimely death on 16th July 1986.
The dance is an invocation to Siva, where by the Bhakta / dancer eulogies his attributes and triumphs.
This dance brings out the inimitable stamp of the Parampara that make judicious use of a combination of verses,
Sabdha Swara Patha and pure dance in an organic and Inspired manner,
while bringing out the Tantric and tribal elements of Odissi.
Choreography: Guru Debaprasad das
Song: Shankara Chariya
Raga: Vhairabi
Tala: Ek tali




2011年12月9日  12:59 PM |カテゴリー: 12月(Delhi Solo Programme), 2011年, 公演【Odissi】 |コメントはまだありません

東インド古典舞踊オディッシー 
インド・デリー仲 香織 ソロ公演

日時:2011年12月27日 18時OPEN 18時半START
場所:India International Centre (ニューデリー・ロッディコロニー近く)
入場無料






Dancer: 仲香織

Musicians:
マンジラ :Guru Gajendra Panda
ウクタ: Guru Vinayak Panda
ボーカル: Satyabrata Katha
マルダラ: Prashanta Mangaraj
バイオリン: Balaram Chand
シタール: Javed Alli
フルート: Binaya Kumar

Organized by India International Centre
Director and conducted by Guru Gajendra Kumar Panda
Supported by ICCR

Programme:
1) マンガラチャラン ハマハリ
オディッシー舞踊の中で、一番最初に踊られる演目をマンガラチャランといいます。マンガラチャランは、舞台の成功への祈りを込めて踊られます。大地へのあいさつ “ブーミプロナム”から始まり、神様への祈りへとつづきます。
マハカリとは、“偉大なるカーリー神”という意味で、カーリーは、宇宙根源的なエネルギー、シャクティーの神様と言われています。

2) スタイ (タムテイ)
スタイは、ピュアダンスであり、ストーリー性はありませんが、踊りの中に、彫刻的なポーズがたくさん登場します。四角い左右対称の中腰のポジションをつくる “チョーカ” は、オディッシーには欠かせないポーズで、宇宙の主、ジャガンナートを象徴していると言われています。また、この踊りのスタイルにしかない “サブダスワラパッタ”と呼ばれる、リズミカルな言葉まわしに合わせた踊りも特徴的です。

3) ムハムヒキショロ (オリヤアビナヤ)
アビナヤとは、ストーリー性のある演目です。
ゴパールクリシュナのオリヤ語の詩を、インド舞踊に特徴的なムドラ(手印)や顔や身体で表現します。この物語は、ラーダが愛するクリシュナ神との突然の遭遇(実はクリシュナの意図的なもの)の話をうれしそうに、恥ずかしそうに、友達に語っているという設定です。

4) サビナヤ パラッビ(カラバティパラッビ+サンギニレチャハン)
パッラビとは、“芽生え”という意味です。あたかも、春に木々が緑づき、花がさくように、ゆっくりとした目の動き、腰や手足の動きやステップから、音楽の旋律 “ラーガ”にのって、だんだんとそのスピードをあげていきます。そして、最後は、とても早いリズムと旋律の合わせて、踊りも早く盛り上がります。
それから、“サンギニレチャハン”という小さな物語につながります。
「サキ!見てクリシュナ様よ!素敵なクリシュナ神に私の心は奪われちゃったわ。。」

5) シヴァスタック
シヴァスタックは、グルデバプラサッドダスの最期の振り付け作品です。
シヴァ神の8つのストーリーが登場します。シヴァ神は、破壊神、ヨーガの達人、動物たちの王であり、宇宙そのものとも言われます。幾千の星たちもあなたの足元にもおよばない。私の罪をお許し下さい。最後は深い祈りの気持ちが込められています。
この演目でも、早い言葉まわしである“サブダスワラパッタ”が魅力的です。このサブダに合わせたエネルギッシュな動きは、タントラ的、土着的な要素が感じ、この踊りの特徴でもある、“純粋な生のエネルギー” を感じることが出来ます。




2011年12月8日  2:23 AM |カテゴリー: 12月, 2011年, 公演【Odissi】, 公演【Odissi】 |コメントはまだありません
 
 
2011年12月
« 10月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
 
クラス
日記
ギャラリー
 
 
 
 
 

RSS

 
 

debadhara@live.jp
2-1-4, Suzaku, Nara,Japan ,6310806

 
 

COPYRIGHT2010, Debadhara Odissi & Yoga  All Rights Reserved.